2005年07月25日

寺コン

日曜日は音楽ボランティアとして第3回目となる長興寺コンサート。過去2回は急な出張と父の病気で参加できなかったので今回が初参加。本番は午前中で、夜勤明けのためにかなり不安だったのだが・・・・・・
長興寺は私が思っていたよりもとても大きなお寺で、聴衆も何百人もいたのだが、お寺という独特の雰囲気が緊張感を適度にほぐしてくれているようだった。だが最初の演奏曲であるカッチーニのアベマリア、これにはヴィオラが妙に高い音域でソロを弾くという緊張の箇所が中盤に控えている。まぁ大きな破綻も無く無事にこの曲を弾き終え、もうあとは難しいのが無いので半分終わったような気分で残りの曲を楽しむことができたのであった。
posted by ぴあ at 16:50| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

志太八重奏団

土曜日はお昼から志太響の練習。翌日には音楽ボランティアの本場があって、当然のように前日の夜にも練習が組み込まれていたのだが、会社のほうでこの日から短期的に2交代制になってしまったので今後夜勤は午後7時出社が確定。やむなくそちらのほうは練習参加をあきらめる。
今回はじめて志太響に誘ったはちさんと焼津の駅で3年半ぶり位に再会。とっても懐かしかったのだが、以前とはかなり違った雰囲気があって、話していて不思議な感じがした。
さて、せっかく新しい人を連れてきたのにも関わらず、この日の練習参加者は7人だけ。ばよりん3、びよら1、ちぇろ1(終わりのほうでもう1人)、ばす1、ほるん1。普段とは違って自分以外は少数精鋭の上手なメンバーばかり。ディベルティメントでは本番も含めてセカンドに回ることになり、いきなり初見で弾くことに。でもこの曲はセカンドのほうが結構しっくりくるようだ。とっても面白い。交響曲第25番のほうは、人がいないのでとりあえずコンミスがセカンドを弾き、私はトップで苦しむことに。でもコンミス無しで弾くのはこの日の自分にとっては有意義なものだった。
posted by ぴあ at 16:39| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しみふぃる練習

いつも書くのが遅れ気味になっているが、金曜日の清水フィル練習はベートーヴェンの2番とナブッコ序曲。最近しみふぃるではChirper Uさんの影響で”ベト2”と呼ばず”ベー2”と呼ぶ風潮が高まってきているが、くれ竹さんの楽譜の表紙に書いてあった”べー”をこっそり”ベト”に書きかえる。
それにしてもこの日はしっかり練習していったにもかかわらず思ったように演奏ができない。どうもまだ前日の疲れが取れず、演奏に魂がこもっていないようであった。技術の未熟さにも高いハードルがあって、例えばパート内で同じ箇所をやわらかい音と硬い音で弾いている人がいると指摘された時に、自分はやわらかい音を出しているつもりだったのが実は硬い音の代表者だったというような・・・・・・正直これはショックな話だ。自分の音を客観的に聴いて直して行く能力の無さを露呈している。今後の練習方法についてとても悩むところだ。
練習後、いつものように東名に乗って会社まで行こうとしたら、なんと事故で清水ー静岡間が通行止めに。慌てて国道1号線を引き返すが、東名から降りてきている車が続々とやってくるのに加えて国道が工事で所々1車線になっているためになかなか進んでくれない。長沼の交差点を左折したのが22時6分。Bるさんの家の近くで突然原チャリが左車線から現れ、しかも右折しようとしているのか急停止。もう完全にアウトだ、轢いてしまう〜と思ったが、奇跡的なハンドリングでなんとか回避。もう絶望的な時刻だったのにも関わらず、東名静岡から高速に乗って吉田町の会社の駐車場に22時43分に到着。研磨工場まで小走りし、なんとか仕事開始時間に間に合ったのだが、もう仕事をする前から疲れてしまった。
posted by ぴあ at 16:18| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。