2006年09月17日

室内楽は難しい。。。。

今日は静岡マッケンジー邸でA澤さん達との室内楽演奏会。久しぶりのヴィオラでの本番である。マッケンジー邸はこじんまりとしたとてもいい雰囲気の場所で、普段の演奏会とはちょっと違うぞっ♪という不思議な楽しみ方が出来たようだ。もっとも緊張感は半端なものではなく、モーツァルト弦楽四重奏曲第21番の出だしはファーストヴァイオリンに続いてヴィオラがメロディを弾くのだが、ファーストがいきなり緊張して音が上ずっていたため、私のほうはそれを聞いてちょっとリラックスさせてもらった。もっとも第4楽章の一番懸念されていた難しい3連符のところは上手くできず、ちょっと悲しかったのだが・・・・
しかし一番緊張したのは、演奏よりもフォーレの曲紹介をラスカルさんと掛け合いでやった時かも。

次回はアメリカ、メントリ、ハイドンセットのどれか、やりたいなぁ。
posted by ぴあ at 21:11| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。