2005年08月09日

勝負どころ

今週は久しぶりの晩勤なので、午前中にヴァイオリンの練習をやっている。やはり午前の練習というのは気分的にも調子が良い。
とにかくまずはベートーヴェン。難しいところではなく、”勝負どころ”というのがあるので徹底的にそこを見ていく。第1楽章の(112〜)、(206〜)、(284〜)、第2楽章(61)、(82〜)と各再現部、第3楽章(52〜)、第4楽章(100〜)、(131〜)。もちろん他にも出来ていないところも多いのだが、とにかく来週の合わせまではこの10ヶ所だけを重点的にやろう。

7月最後の練習時、悲愴第4楽章(98)の3拍目を合わせられなかった時のショックを忘れずに、個人練習の中でも合奏を意識しておかなければ。
posted by ぴあ at 11:46| 静岡 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本日、おかげさまで
演奏会無事終了しました。

☆MIさんは都合が悪く来れませんでしたが、
おねえさまが来てくれました。

ソロ演奏は恐ろしい魔物ですね。
演奏中、体がブルってしまって、
左手がビブラートをかけてるんだか震えてるんだか判らない状態で…そして、最後のダブルストップが決まらなかったのが痛い。

最後の中学生ぐらいの女の子は凄かったなぁ。
平然と何の迷いも無く『ベリオの協奏曲第9番』を弾いていたし。
ヴァイオリンの音ってこんなに綺麗だったんだーてね。
あそこまで上手になりたいもんだなぁ。
Posted by 犬上御田鍬 at 2005年08月09日 22:51
追伸

コメント、書き忘れました。

ソロのときの☆HARI先生の伴奏はもちろん最高
でしたが、合奏は隣で弾いてくれていたので、
それはそれは安らかな気持ちで弾くことが出来て、
とっても楽しかったです。
この夏、一番の思い出になりました。

☆HARI先生の伴奏なら来年もまた出たいと
思いました。





Posted by 犬上御田鍬 at 2005年08月09日 23:25
犬上御田鍬さん、発表会お疲れ様でした。
演奏なんていうものは緊張しているうちが華ですよっ♪もっとも犬上御田鍬さんの場合は何に対して緊張されていたのか分かりませんが。(笑)

☆MIちゃんのお姉さま、お会いしていろいろと妹さんの話を聞きたかったですねぇ。☆HARI先生については私が書くまでもないですが。(爆)

素敵な思い出になって良かったですね。
これからもっともっと素敵な思い出をたくさん作っていきましょう♪
Posted by ぴあ at 2005年08月10日 02:53
私の書き方が悪くて誤解されておりますが、
“おねえさま”とは☆☆澤さんのことです。
確か、☆MIさんにはお姉さまいないんじゃないかなぁ。

Posted by 犬上御田鍬 at 2005年08月10日 08:31
☆☆澤さんでしたか。失礼しました。
☆☆澤さん、私の姉と性格似てるかも。。。。
Posted by ぴあ at 2005年08月11日 00:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5739523

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。